スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(1)

久々に書いてみる気になった。Prince Roseは放置のまま(笑。

Donatello(1934)
言わずと知れたRibot(1952)、Nearco(1935)等と並ぶ、テシオの代表的な生産馬だ。
あまりにも有名な馬なので競争成績・種牡馬成績などは割愛。

「今更Donatelloで配合論?」という向きも多いとは思うけれど、
自分なりに今まで20年あまり書籍、ネットなど見てて、
未だ言い尽くされてないところがある気がした。
既存の配合論と重複というか、あんまり目新しい内容には見えないけれど、
先人たちの論を基盤に見方を変えて論じてみるつもり。
「もうそんなのあそこで誰それが書いてるよ」ってのがあったらご教授頂ければ。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 競馬 血統 配合 理論 テシオ クロス 相似 ニックス ドサージュ インブリード

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岸辺円六

Author:岸辺円六
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。