スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(24)

Bartlet's Childers
bartlets childers0のコピー

Regulus
regulus0のコピー
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

EclipseRachelが共有する、Bartlet's ChildersRegulusの血統表を見てみる。
ここまで来ると血統表もずいぶん寂しくなってきた。

それはさておき、今までのように明らかな共通項は見られない。
しかし、詳細に眺めてみると、Bartlet's Childersの母Betty Leedesと、
Regulusの祖母Snake Mare(Sister To Old Country Wench)にそれぞれ特異なインブリードが見られる。

Betty Leedes
betty leedes0のコピー
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

Betty LeedesにはSpanker2×3の強いインブリードが見られる。
しかも、一方はSpanker×Old Morocco Mareの親子配合で著名なSpanker Mareを通じてのものだ。
つまり、Betty LeedesにはOld Morocco Mare3×4*3というインブリードがあるが、
Spanker MareのOld Morocco Mare2×1という凶悪なインブリードを介してのものなので、
字面以上に強固な資質の固定が行われている。
育種的にはDarcys Yellow Turk、Leedes Arabianの資質をアウトブリードで取り込みつつ、
Old Morocco Mare(父Fairfax Morocco Barb)の資質を安定化させ、この血統の強固な核とする強い意図がうかがわれる。
Flying Childersの示した伝説的パフォーマンスと、Bartlets ChildersからEclipseを通じてこの血が後の世に与えた大きな影響から鑑みるに、
この血統に施された、育種的には教科書的手法が相応の成功を収めたとみて良いだろう。
しかし、それもOld Morocco Mare(父Fairfax Morocco Barb)の資質が、他の血脈に対して優位で無ければ成し得ないことだ。
他に比べて劣った資質の血脈をいくら固定しても、競争・繁殖で優ることは無いことは自明である。

Snake Mare(Sister To Old Country Wench)
snake mare0のコピー
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

さて、Regulusの祖母Snake Mare(Sister To Old Country Wench)には、黎明期の名種牡馬Hautboy3×2の強いインブリードがある。
Hautboyの父は、Darcys White Turkだが、その父は一般的には空白にされている。つまり不明。
しかし、Fairfax Morocco Barbがその父であるとする説がある。
「父系馬鹿」さんの Foundation Sires Listでもこの説を採っている。

また、Snakeの母Hautboy Mareの母系はデルマでは不明だが、
SireLineでは図のように、[Hautboy Mare-Brimmer Mare-Place's White Turk Mare(父Place's White Turk)と表示される。
そして、Place's White Turkの父もFairfax Morocco Barbとする説もあるようだ。
ただ、Darcys White Turk、Place's White Turk、Fairfax Morocco Barbの関係は、文献や識者によって転倒していて良く分からない。
しかし、、Darcys White Turk、Place's White Turkの父を上の血統表のようにFairfax Morocco Barbとすると、Betty LeedesとSnake Mare(Sister To Old Country Wench)の構成は育種的にも似通ってくる。

これらを踏まえ、

「ニックスとはインブリード(近似血統を含む)である。」

と言う本論の仮説に従えば、
Eclipse≒Rachelを構成するBartlet's ChildersとRegulusのニックスは、共通の近似血統を持つはずである。
しかし、両者にそれに見合う血統的構造は一見すると見当たらない。
だが、詳しく分析するとBetty LeedesとSnake Mare(Sister To Old Country Wench)に特異的血統構造が見られ、それらの一方はサラブレッド生産黎明期の「血統」という概念が成熟する以前のために血統不祥ながら、Fairfax Morocco Barbを祖先とする説を持っていた。
そこで、少なくともDarcys White Turkの父はFairfax Morocco Barbであると仮定し、
有力な子孫を通じてFairfax Morocco Barbを強くインブリードされたBetty LeedesとSnake Mare(Sister To Old Country Wench)がその近似血統である、という結論が導き出すことは十分妥当であると考える。

そして、補足としてPlace's White Turkの父はFairfax Morocco Barbで、Snakeの母系祖先にもいる、とする方がインブリードが強まり、
Betty LeedesとSnake Mare(Sister To Old Country Wench)におけるFairfax Morocco Barbの影響のバランスが取れる。
しかし、そうでなくてもSnake Mare(Sister To Old Country Wench)に与えるFairfax Morocco Barbの影響力は、
Hautboy3×2という強度のインブリードだけでも十分と推定され、ここではその可能性を指摘するに留めようと思う。

いずれにせよ、Donatelloからサラブレッドの生産史をさかのぼる、この長い配合論の終着は、

「Fairfax Morocco Barbこそがサラブレッドの底流をなす、その能力の根源である。」

と結論付ける方向に向かっている。

次回以降はこの仮説が妥当であるか、Herod、Eclipse、Rachelの血統から検証していく。




スポンサーサイト

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岸辺円六

Author:岸辺円六
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。