スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(8)

ただ、Minoru、Serenissimaの配合デザインはオルストン場長ではなく、ウェバートリー卿なのだと言うことがまた興味深い。そして、Gondoletteはウェーバトリー卿の生産ではなく、Henry Waringなる人物の手によるらしいがこれもまた興味深い。
おそらくウェバートリー卿は、生年から考えてMinoruに配合するためにGondoletteを買ったはずなのだが、種付けだけしてダービー卿に売却したことになる。その頃牧場を国に寄贈して生産から手を引いているので、十分な成功を収め競馬に興味を失ったためかも知れないが。
ウェバートリー卿(ホール・ウォーカー)は神秘的な人物像ばかりが取り上げられ、その血統理論の研究は十分になされていないように感じる。
短期間に自家生産馬でイギリスのクラシックを全て勝ち、古馬の主要レースもほとんど制している。
それだけでも驚異的なのに、SerenissimaやBig Gameの祖母、Chamossaireの3代母Dolabellaを配合・生産し、リーディングサイヤーBlandfordの母であり、Sun Chariotの3代母のBlancheを生産し、Princequilloの父系祖先とおそらく母系祖先を生産し、また、重要なブルードメアサイアーCharles O'Malleyを生産している。彼の存在がなければDalmaryの誕生も無かっただろう。
さらにアガ・カーンに血統コンサルタントとしてヴィリエを推奨し、競馬参入に大きな影響を与えたとされている(「名馬の生産」エイブラハム・S・ヒューイット著、「クラシック馬の追求」ケン・マクリーン著)。
サラブレッド生産史上、最も配合の秘密に近づいたのは彼ではなかったか。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岸辺円六

Author:岸辺円六
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。