スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(11)

ここでもう一度問いたい。「ニックスとは何だろうか?」

僕は、「ニックスとはインブリードである。」

補足として
「インブリードの弊害を避けるため、近似血統の運用まで含めた」と仮定したい。

ただ、サラブレッドのインブリードに本当に弊害が有るのか、と問われれば、僕には判らない。
古今、多くの馬産家や専門家の議論も僕なりに把握しているが、それなりに根拠があり評価は難しい。
例えばテシオは著書において否定的な見解を述べている。
(でも、テシオは結構強いインブリードをしてる。BotticelliとかBurne Jonesとか買ったのならDuccia di Buoninsegna。単純に△×△とか血量とかではテシオは分かんないだけど。)
ただ、彼は豊富な経験を持つが学者ではない。実地に得られた知識は大いに評価されてしかるべきだが。
参考までに、クワガタのような昆虫でも意見は分かれるようだが、多くは否定的に捉えられている。
やはり有性生殖のメカニズムを考えると、否定的に考えるほうが理に適うのではないだろうか。
ただ、近親繁殖そのものが有害なわけではないと思う。
近親繁殖において、好ましい因子のホモ化による固定化だけが行われるわけではなく、有害な因子の固定化も行われる。
そして有害な因子の除去の為に淘汰が行われる。
馬のような動物の場合、野生では近親繁殖は普通に行われるだろうし、結果、長い野生時代に致死因子はとうに淘汰されていると思う。
しかし、サラブレッドのように雑種で、あくまでも生存の為ではなく競馬に適した因子を固定化したい場合、興奮しやすい性質であるとか、反抗的、臆病な性格、野生ではさほど生存に影響しない身体的欠陥(足曲りなど)のような因子はまだ充分な淘汰をくぐり抜けていない為、それらが有用な因子と分離されず固定化されるので、近親繁殖の際に弊害があるように見えるのではないか。

かくして、育種において好ましい因子は固定化したいが、累代の弊害を避けたい。このジレンマを一定解消するために、意図的にか、神の見えざる手によってか、近似血統の活用が歴史的に行われた。
そして、二アリークロスによるインブリードが良好な結果を生み出したときに「ニックス」と呼ばれたのではないだろうか?

今まで見てきたとおり、近似血統を活用したインブリードは2×2などの強度の場合でも、対象馬が5代血統表の外へ移動してしまうため、一見すると気づきにくくなる。
「5代」という数字にはさして意味は無いが、扱いやすい大きさの紙の上で血統表を書くと、このくらいが一覧性という紙の利点の限界のように感じる。
その点、ヴィリエや五十嵐氏(たぶんテシオ、オルストン場長、ウェバートリー卿、ブサック、エドモン・ブラン、オリン・ジェントリーなども)は、どんな場所でどんな大きさと枚数の紙を使って血統表を書いたのかとても興味深い(ヴィリエの仕事を考えると気が遠くなる…)。

スポンサーサイト

テーマ : 競馬
ジャンル : スポーツ

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(10)

Pocahontas
pocahontas.jpg

Cowl
cowl.jpg

先に触れたPocahontasとCowlの血統表を見て欲しい。
そして下はGlencoeとBay Middletonの血統表だ。

Glencoe
glencoe.jpg

Bay Middleton
bay-middleton.jpg
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

こうしてみると、

Glencoe≒Bay Middleton
Muley≒Priam
∴Pocahontas≒Cowl

であり、PocahontasとCowlはニアリーイコールなのが解る。と言うことは、

Pocahontas≒Cowl≒My Dear≒Miss Ann

とも言えるだろう。




テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(9)

White Eagle
white-eagle2.jpg

White Eagleはウェバートリー卿(ホール・ウォーカー)の生産馬で、一流半から二流の競走馬だったが、自家繁殖に供され父のGallinuleと同様に後世のサラブレッド血統に大きな影響を残した。
その配合は、通常Isonomyの強度のインブリードが目立つが、父の持つIsonomyとHermitのニックスを『増幅する形』になっている。

Marie Stuart
marie-stuart.jpg

3代母Marie Stuartは、オークスに勝ち、セントレジャーでDoncasterを破った大変な女傑だ。
その母系はDiversionから出た名門で、半妹Lady Morganも多くの名馬・名種牡馬の祖先となった。
そしてMarie Stuartは、例によって「TouchstoneとCowl」の組み合わせを持っている。
しかし、よく見るとMarie Stuartの父Scottish Chiefの母Miss Annは、CowlのキーホースBay Middletonを持っている。
さらによく見ると、Cowlのいま一頭のキーホースPriamと3/4同血となるMuleyまで持っている。
つまり、Miss Annは、Cowlとニアリーイコールであり、Marie StuartはMiss Ann≒Cowlを2×2という強いインブリードで持っていると言える。

Cowl≒My Dear≒Miss Ann

また、Scottish Chiefは、そのMiss AnnにTouchstoneの仔をかけて生まれたので、

Scottish Chief≒The Palmer=Rosicrucian≒Hermit=Chanoinesse≒Sterling

となる近似血統馬ということが言えるだろう。

White EagleはSterling≒Hermit≒Scottish Chief3*3×4*4で持っている。

または、Gallinule×Mary Seatonという近似血統の1×2と言うべきか。

通常、ドイツ型の系統繁殖などでは、自牧場の基礎牝馬や理想とする血脈の強い種牡馬が自家繁殖に供される(山野浩一氏が「優駿」で連載されていた、「血統理論のルネッサンス」が面白い。新橋のPRセンターの図書室でコピーしたものを今でも持っています)。
その場合、もちろん競争成績は良いに越したことは事はないが、むしろ血統や馬体などが重視される。
例えば、ダービー卿のChaucerも決して誰もが認める名馬と言うわけでは無い。
しかし、それ故にChaucerの持つSt.SimonやCanterbury Pilgrimの血脈を理想と考え、それでハウス血統を作っていこう、と言う強い意志が読みとれる。
こうした種牡馬は外部から導入した牝馬や、外部の種牡馬を付けて特殊化した牝馬を自家血統に近づける為や、優秀な牝馬の特性を出来るだけ壊さないように次世代に繋ぐ為に用いられる(前出「血統理論のルネッサンス」)。
そういう役割を担った種牡馬White Eagleがこういった血統を持ち、また、Serenissimaの血統を鑑みると、ウェバートリー卿の意図が

Scottish Chief≒The Palmer=Rosicrucian≒Hermit=Chanoinesse≒Sterling

ここにあったのは間違いないように思う。
ただ、いま一頭同様の役割を持っていたと考えられる、Royal Realmの血統を合わせて考えるとそれだけでは「ウェバートリー卿の意図」はまた遠ざかってしまう。
おそらく、Galopin×Hamptonのテシオも言及しているニックスに基づいているのだろうが、問題が複雑になるので今は触れないでおく。

Priam
priam.jpg

Muley
muley.jpg
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

岸辺円六

Author:岸辺円六
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。