スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい(かも知れない)配合論~Donatelloを題材に(6)

TouchstoneとCowl(≒My Dear)の組み合わせはよく見られる。
特にダービー卿やウェバートリー卿(ホールウォーカー)の血統に多く、前者は明らかにそれを基盤として血統を育てている。おそらく配合コンサルタントのオルストン場長のデザインだろう。
例えば、基礎牝馬Canterbury Pilgrimの母の父The Palmer
また、同じく基礎牝馬Gondoletteの祖母の父でThe Palmerの全兄弟Rosicrucian

The Palmer=Rosicrucian
the-palmer.jpg

Canterbury Pilgrim
Canterbury-Pilgrim2.jpg

swynford
swynford2.jpg
【SireLine for Windows Ver1.50 - Build 496】

Canterbury Pilgrimは父がHermitの仔Tristanだから、Hermit≒The Palmer(Touchstone×Cowl)のニアリークロスになっている。
普通のインブリードであれば2×2という強度の近親繁殖となり、リスクが高まるところだろうが、5代内ではTouchstone4×5、Cowl5×4というアウトよりのクロスになる。
その恩恵か、Canterbury Pilgrimは多少の気性難はあったようだが、優秀な競争成績と繁殖成績を修め、後世に大きな影響を与えた。
そして、Canterbury PilgrimにIsonomyの孫、John O'Gauntを配合することでこのパターンを積み重ねSwynfordを生産した(Sterling≒Hermit≒The Palmer)。
こうした近似配合馬によるクロスは、望ましい因子(TouchstoneとCowl)を固定化しつつ、リスクを回避する巧みな方法と言えないだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 競馬【各種分析】
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

岸辺円六

Author:岸辺円六
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。